美容

エンビロンをステップアップしたい!タイミングや期間、必要本数まとめ

スポンサーリンク
****この記事を書いてる人****
【tea】美容課金100万オーバー。化粧品検定1級、美肌エキスパートの資格をもつ美容好き女子。月1の肌メンテが日課。≫詳しいプロフィール 

teaです。

ビタミンA、補給していますか?

肌の「若返り」に欠かせない成分と知ってから、私もせっせと、ほぼ毎日ビタミンAを肌に入れています(^^

さて、ビタミンAのスキンケアブランドといえば、エンビロンが有名ですね。

濃度を徐々に上げていく「ステップアップ方式」を採用していますが、この方式に悩んでいる人は結構多いみたいです。

どのぐらい使ったら、次のステップへ進めばいいの?

肌強いし、番号飛ばして使ってもいいのかな?

そもそもみんな、どれぐらいの期間でどこまでいってるのか気になる…。

肌の状態は一人ひとり違うので、ステップアップのスピードもそれぞれ違ってきてしまうんですよね。

ただ、肌に異常が出なければ、半年ほどでステップ4にたどり着くことも可能です。

今回はエンビロンの直営店「エンビロンズ銀座」にも足を運んでいる私が、ステップアップについていろいろ語っていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目指すはステップ4、さらにいける人はAブーストへ

一刻も早く、ステップ4(Cクエンスなら4+)にたどり着きたいですよね。

濃度的にみると、モイスチャーシリーズより、Cクエンスシリーズの方がいくらか多いのですが、大差あるほどではありません。

モイスチャーシリーズとシークエンスシリーズのビタミンAレベルは、

モイスチャークリーム1⇒シークエンスセラム1

モイスチャークリーム2,3⇒シークエンスセラム2

モイスチャークリーム4⇒シークエンスセラム3

モイスチャークリーム4+Aブースト1+Cブースト⇒シークエンスセラム4

という目安になります。

引用:居原田麗オフィシャルブログ

Cクエンスは予算的に難しいこともあるので、モイスチャーシリーズで無理せずにステップアップしていっても、ビタミンAレベルは申し分ないので、気にしすぎることはありません。

そして、エンビロンにはステップ4に慣れた人が使える、上級者向けビタミンA美容液「Aブースト」があります。

画像出典:エンビロン

Aブーストは1~3まであり、3に関しては以前は、医療機関でしか手に入れられなかったほどの、高濃度な美容液なんですよね。

多くのエンビロンユーザーは、このAブーストまでたどり着くことを目標にしています(^^

モイスチャーシリーズやCクエンスシリーズよりも、ビタミンAに特化している商品なので、とにかくツヤは出るし、美肌効果がすごいです。

私も、初めてAブーストを取り入れたときは、久々にA反応(ニキビでした)が出ました。

いける人は、ぜひ3まで挑戦してみてください。

スポンサーリンク

順調なら1ヶ月ごとに1ステップ上がれる

注意

赤み、皮向けを最小限にするため、ステップアップはスキンカウンセラーや主治医の指示に従うようにしてください。

ビタミンAの耐性がある肌であれば、1ヶ月ペースで上げていくことも可能です。

1本使い切ってから次へ、というのんびりペースでも、おおよそ2ヶ月でステップアップしていくことができます。(←私の場合はコレ)

よく、◯日以上経過していないとダメとか、同じ商品を複数回購入しないといけないなどというのは、ステップアップにあまり関係ないんですよ。

むしろ、あなたの肌状態が重要なんです。

A反応も特になく、どんどんきれいになっていれば、レベルを上げたいとカウンセラーさんにお願いしていいんです。

逆に、何ヶ月同じ濃度を使っていようと、赤みやかゆみがおさまっていなかったり、むしろ荒れているようなら、ステップアップすることは難しいんです。

ちなみに、オンラインショップだけの利用よりも、クリニックやサロンに通って、カウンセリングを受けて購入したほうが、肌状態を客観的に見てもらえるため、比較的テンポよくステップアップしやすいですね。

参考エンビロン取扱い店舗

何百、何千と肌を見ている人からすれば、今の肌状態でレベルを上げるべきかどうかの判断はわかってしまうものです。

基本的に、エンビロンはA反応をなるべく出さないというコンセプトのブランドなので、カウンセラーさんも、あまりに短期間でのステップアップには慎重になっています。

早く上げていきたい気持ちもわかりますが、その濃度での反応を様子見するという意味でも、1ヶ月はしばらく使って上げるかどうか判断してほしいと思いますね。

半年でステップ4に到達

私は、ちょうど1本使い切るタイミング(2ヶ月毎)でステップアップしていきました。

同じ濃度は2本買っておらず、すべて1本ずつです。

A反応はステップ2でのニキビくらい。

カウンセラーの人も、順調にビタミンA濃度に慣れていく肌を見て、すんなりステップアップを承諾してくれました。

そして、ステップ4購入から、1ヶ月後にAブースト1を追加。

今までなんともなかった肌に、ニキビができはじめたんですよね。

濃度がさらに濃くなったのを実感できます(^^

Aブーストはぜひ、試してほしいですね。

実は飛び級もできる。が、要相談

エンビロンには、絶対に順番通り使わなければならない、という決まりはないんですね。

カウンセラーが良しとすれば、いきなりステップ3を使えたり、2→4に飛ぶことも可能なんです。

ただし、この方法はカウンセラー側からしたら、あまり好まれない方法でもあります。

クリニックやサロンの方針で、飛び級自体、しないことに決めているところもあるぐらいですから。

もしかしたら、運良くOKがもらえるかもしれませんが、基本は期待しないようにしましょう。

のんびり肌を育てる、というぐらいがちょうどいいんです(^^

スポンサーリンク

A反応が出たときのケアアイテム

今までなんともなくても、ある時ステップアップしたら、急にA反応が出ることもあります。

そんなときの、応急処置として、お肌を優しくいたわるスキンケアアイテムを、1つは準備しておくと、心強いですよ。

ビタミンAはいわば「攻め」のケアです。

「守り」も時には必要なので、バランスよくケアしましょう(^^

トゥヴェール セラミドミルク

セラミド商品の中では、濃度にかなりこだわって作られている有名なアイテム。

配合濃度を公表しないメーカーが多いなか、トゥヴェールのセラミド乳液は”4.5%”ときちんと表記しているので、かなり信頼しています。

ビタミンAのスキンケアは、どうしても「乾燥しやすくなる」ので、肌バリアそのものを補うセラミドケアが効果的ですね(^^

※トゥヴェールには似た商品に「ナノエマルジョン」もあります。

同じセラミド商品ですが、セラミドミルクは高保湿、ナノエマルジョンは高浸透タイプの商品になっています。

メディコル スキンリピッド 15/33 Ⅱ

メディコル スキンリピッド 15/33 Ⅱ 乾燥・敏感肌でもしっとりうるおう 肌の保湿に
MediQOL メディコル
皮膚にある成分だけでスキンケアができれば・・・そんな思いから生まれたメディコル。肌バリアは様々な要因で壊れてしまう事があります。そのままにしておくと、肌トラブルを繰り返してしまいます。お肌に大切なことはうるおいなどで肌バリアを守り、補助することです。

セラミドミルクでも乾燥がひどい場合には、このバームタイプが出番です。

少々固めで、扱いがむずかしいですが、極限まで肌が必要とする成分しか配合せず、アルコール・防腐剤・界面活性剤・香料・着色料・鉱物油など、肌には存在しないものを使わずに、作られた商品なんですね。

ものすごくしっとりしますので、ひとまずセラミドミルクで試し、それでも乾燥する部分があれば、このスキンリピッドで、ポイントケアをする使い方がいいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\Let’s SHARE!/

***この記事を書いた人***

tea化粧品検定1級、美肌エキスパートの資格を持つ美容好きな会社員。自身の経験を活かし肌力を高める実践的な方法を発信中。≫noteも更新しています 

おとめモ