大人になってから書いてみた、「タイムカプセル郵便」のやり方・送り方

teaです。

タイムカプセル、埋めたことはありますか?

私も、子供の頃、超短期間で遊んでいたことがあります(笑)



このタイムカプセル、大人になっても体験できるんですよ(^^

それが、タイムカプセル郵便。

おなじみのあの郵便局が運営しています。



書いてみると、これが意外と楽しいんです(笑)

現代は、そもそも手紙や文字を書く機会が少ないですよね。

ましてや、自分のために文章を書くなんて、そうそうありません。



実際に書くと、いろいろ発見があります。

自分の字が汚い、逆にうまいとか(笑)

意外と未来の自分にいいたいことあるな、とか(^^;



ものが用意できれば今日からすぐできます。

なにか変わったことをやりたいなって、最近思っている場合、タイムカプセル郵便、おすすめです(^^



スポンサーリンク

埋めるのではなく郵便にした理由

埋めたら忘れる



みんなでタイムカプセルを埋めるなら、誰か一人ぐらいは覚えているはずですよね。

でも、大人になってからタイムカプセルをやろうとすると…。



まぁみんな、いろいろな状況ですからね(笑)

結婚してたり、海外へ行ってたりと。

そうなると、結果的に、自分一人でタイムカプセルをやるしかないんですよね。



自分で覚えていない限り、いつまでも永久に地中で眠っていることになります。

大人になった後の5年、10年後なんて、自分自身もどういう状況になっているか分かりませんからね。



カプセルを土に埋めるのではなくて、郵送で届けてもらえるサービスもあるにはあります。

でも、郵便にしたのは、ハガキや便せんなので、初期費用がそんなにかからない。

複数個からではなく、1つからでもOKだったので、始めやすいんですね。



スポンサーリンク

タイムカプセル郵便の書き方

用意するもの
  • ハガキor手紙
  • 切手
  • 封筒(1~2つ)
  • ハガキサイズ程度の紙

まずは、未来への郵便をハガキにするか手紙にするかを選びましょう。

どちらがいいか、悩む場合。



ハガキだと、切手代が安く済みますし、手軽に始められます。

手紙だと、写真などちょっとしたものを一緒に入れることができますね。

注意点としては、どちらも定型サイズ(詳しくはこちら)でないと、預かってもらえません。※別納郵便、外国郵便、定形外郵便不可。



私は手紙で出すことにしました

用意したものは以下の通り▼

  • 封筒
  • 手紙
  • スマートレター



レターセット」と検索すれば、手紙と封筒がセットになったものを簡単に調べることができます。

買うときは定型サイズかどうかの確認は忘れずに。



封筒を入れるための封筒は、スマートレターにしました。

もちろん、スマートレターでなくても、大きい封筒(これは定形外可)を用意すればOKです。

参考スマートレター – 日本郵便



未来の自分へ思いの丈をつづろう

規定内の重さを超えなければ、何枚書いてもOK!

一応、それぞれの規定としては、

ハガキは2g~6g。

手紙は50gまで。



私は勢い余って7枚も書いてしまいました(笑)

もちろん、50gなんて全然達しません。

文章だけじゃなくてイラストを書いて送るのもアリ。

続いて、確認用紙です。

タイムカプセル郵便の担当者が内容を確認するためのもの。

これは、サイズなど特に指定されているわけではないので、小さすぎない紙を用意すれば大丈夫かと思います。



確認用紙に書く内容としては、

  1. 自分の住所
  2. 名前
  3. メールアドレス
  4. 電話番号
  5. 未来へのお届け希望日

もし、メールアドレスをあまり書きたくない、そもそも持っていないという人は、確認用紙に希望を書けば郵送での対応も可能とのこと。



手紙の中にアマギフを入れてみた

せっかく書くなら、中に何かを入れてみたいですよね(^^

これは、ハガキではできません。

あくまで、手紙で出す場合のみです。

現金、貴金属、有価証券、壊れやすい物でなければ、手紙と一緒にいろいろ同封できます。



若い頃の写真とか初任給の明細でも入れようかと悩んだり(笑)

結局、将来の自分が受け取ったときになにがうれしいかって考えたら、「使い道が広いもの」。

ズバリ、Amazonギフトカードにしました。



ギフト券は、アマギフに限らずいろいろあります。

しかし、どれも有効期限が短いんですよね。



アマギフは10年あります。

タイムカプセル郵便が10年先まで出せるので、有効期限と汎用性があるのは、これだなと思いました。



しかし、いくら10年の有効期限があるとはいえ、猶予を考えてアマギフを買いましょう。

今日アマギフを買って、10年後の今日に届くような出し方だと、アマギフの有効期限がほとんどありませんからね。



住所を書く

今回は未来の自分に送るので、封筒には自分の住所を書きます。

ハガキでも同じです。

違うところへ送りたいなら、そこの住所を書いて、差出人がわかるよう、自分の住所もあわせて書きます。



続いて、自分の書いたハガキや手紙を入れる大きい封筒の方です。

私が利用したスマートレターで解説します。

①の場所に下記の住所を書きます。

一般の封筒を使うなら、表側に書くことになりますね。

 〒171-0031 豊島区目白1-4-23
  公益財団法人日本郵趣協会
  「タイムカプセル郵便」係



つづいて、②のところには自分の住所と名前を書きます。

そして、空いてるところでいいので、未来へのお届け日をそこにも書いておきます。



切手の代金

切手の代金(2022・5現在)

ハガキ→63円
封筒→84円(~25gまで)、94円(26~50gまで)、120円以上(大型封筒)

いろいろ料金が分かれていますが、極端にいえば迷ったら値段の高い切手を貼っておけばOKです。



ハガキで出す場合でも、手紙で出す場合も2箇所に切手を貼ります。

  • 未来へのメッセージが書かれたハガキor封筒の1箇所
  • タイムカプセル郵便財団の住所を書いた大きい封筒の1箇所

です。



大きい封筒に全部入れ

未来への手紙(ハガキ)と確認用紙を大きい封筒に全部入れます。

あとは封をしてポストに入れるだけ!



スポンサーリンク

料金について

タイムカプセル郵便をポストに出してから2週間程度で、料金案内のメールが届きました。

郵便局窓口での手続きのほか、インターネットバンキングもOKな銀行の振込先が記載されてありました。



通常コース~1年~2年~3年~4年~5年~6年~7年~8年~9年~10年
はがき600円700円800円900円1000円1100円1200円1300円1400円1500円
手紙650円800円950円1100円1250円1400円1550円1700円1850円2000円
参考:タイムカプセル郵便 ご利用ガイド

私は、10年後に届くようにしたので、料金は2000円です。

振込期限はメールが届いてから2週間以内ですね。



ちなみに、今後数年の間に切手料金の値上げがあっても、値上げ分の請求はされません(^^

今回の手紙を書くのにかかったのは、切手やら便せんやら、もろもろ合わせて、総額2500円くらいでした。



お客様IDは大切に保管

メールに記載されているIDは、振込時に必要なほか、届け先を変更したい時にも必要になってきます。

IDをメモったり、スクショして取っておくのもよし。

なんなら、メールごとアーカイブなどの違うフォルダに保管しておくと良いですね。

暮らし・生活
スポンサーリンク
\Let’s SHARE!/

***この記事を書いた人***

tea海と美容と本をこよなく愛する20代会社員。美容にはこれまで200万以上、本には年間10万円ほど投資。

おとめモ