口コミ多し!髪を傷めたくない人必需品、サラサラとかせるWETブラシ

スポンサーリンク
****この記事を書いてる人****
【tea】美容課金100万オーバー。化粧品検定1級、美肌エキスパートの資格をもつ美容好き女子。月1の肌メンテが日課。≫詳しいプロフィール 

teaです。

髪の毛を痛めたくない、濡れていても関係なくとかせるクシ。

私が欲しいと思っていた要素を兼ね備えたブラシを見つけました(^^


スポンサーリンク

髪質改善の美容室でおすすめされた1本

今回紹介するウエットブラシ。

実は、通っている美容室でおすすめされたものなんですよね。

どうせお高いんでしょ?と思ったら、値段を聞くとなんと2000円以下!


これなら試しに買ってみるのもアリだと思ったんですよね。

実際にその美容室でも使われていて、買う前から使用感も確認できたんです。

帰って即ポチりましたね。


↑毎回キレイにしてもらっている美容室のおすすめ品


引っかかりがなく、するする髪をとかせる

1番の特徴はこれ。

ブラシの目が粗めなので、ボサボサの起きたての髪でもなんなくとかせるんですよね。


つまり、髪を痛めず、優しいんです。

力もほぼいりません。


ブラシを複数持っているなら、このウェットブラシから最初にとかすとその後が楽ちんですね。

サラサラにしたいがために、目の細かいものブラシを買ってしまいがちなんですが、髪が傷むことを考えたら、まずは目の粗いものも用意するべきなんですよ。

粗いコームでもいいんですが、この広い面に慣れると一気にとかせます(^^


濡れた髪でも使いやすいからドライヤーも楽ちん

このブラシで私が最も気に入っているところが、濡れた髪でもOKなこと。

お風呂上がりでさえ、するする通ります。


ドライヤーでも使ってて乾かしやすいんですよね。

ヘアアレンジにはむいてないですが、ブローには十分使えます。


家族にもプレゼントしたら、ピンのしなり具合がいいみたいで、ポンポン頭を叩いてヘアマッサージにも役立っているみたいです(^^;


スポンサーリンク

タングルティーザーとの違い

サラサラにとかせる有名なクシの1つにタングルティ-ザーがあります。

小ぶりなタイプが持ち運びに便利とあって人気なブラシですね。

実は私も、タングルティーザーは持っています。


似たようなこの2つのブラシをどう使い分ければいいのか。

私なりに説明しようと思います。


WETブラシ→タングルティーザーがおすすめ

個人的には両方そろえても問題ないと思っています。

どちらかを先に買うなら、ウェットブラシからですかね。


広い面だからショートヘアでもロングヘアでも髪をキャッチしやすい。

値段もウェットブラシの方が安めです。


比較的ヘアスタイルを選ばず、まず試してみようか、という意味でもトライしやすいのは、ウェットブラシの方なんじゃないかなと思いますね。

今となっては、両方持っているのに、もっぱらウェットブラシ1本を使い倒しています(笑)


持ち運びをとるか、時短をとるか

普段の外出や旅行でもブラシを使いたいなら、タングルティーザーが圧倒的に便利です。

一方で、ドライヤーの時間を短縮したい、朝のスタイリングに時間をかけたくないのであれば、ウェットブラシの方が使い勝手がいいと思いますね。


個人的には、ロングヘアになればなるほど、ウェットブラシが重宝します。

でも、絵柄やカラーのバリエーションが豊富なのはタングルティーザーの方なので、気分的にもあがるんですよね~(笑)


濡れたときにお手入れしやすいのはWETブラシ

これは断然、ウェットブラシなんですよね。

タングルティザーの欠点が1つあって、このすきまに水が入り込むとなかなか取り出せないんです。

だから、結局水洗いもちゅうちょしてしまうし、ドライヤーに使いたくても使いにくいんですよね。

乾いてるとき専用みたいになってしまうんですよ。

分解するわけにいかないですからね(笑)


その分、ウェットブラシなら、背面に無数の穴があって、そこから排水してくれるので衛生的に使えます。

2000円しないプチプラ商品ですが、ひさびさにいい買い物をしました(^^