洗濯が面倒な革ジャン・スキー&スノボウェア、コートを全部”宅配”に出してみた。

スポンサーリンク
****この記事を書いてる人****
【tea】美容課金100万オーバー。化粧品検定1級、美肌エキスパートの資格をもつ美容好き女子。月1の肌メンテが日課。≫詳しいプロフィール 

teaです。

洗濯の難しい洋服って、どうしていますか?

1日着たらちょこちょこっと拭いて、あとは干して終わり…。


私もついやっちゃうんですよね(^^;

スキーウェアや、ライダースジャケット、冬に着るダッフルコートなどは、ここ何年もちゃんとした手入れをしてあげていませんでした。

でも、ぶっちゃけ家から出たくないからクリーニングに出しに行くのもめんどくさい。たまにしか着ない服だけどさ、だからこそ大切にもしたいんだよね。


そんな面倒くさがり屋さんにぴったりなサービスがちゃんとあります(^^

宅配クリーニングのリネットです。

リネット


アプリでもクリーニングを依頼できて、箱に詰めるだけ。一定のクリーニング料金を超えれば、1点からでも送料無料でクリーニングしてくれます。

私もリネットのことはCMでもちらっと見たことはあって、今回初めて利用してみたのですが、これはなかなか便利でした(^^


スポンサーリンク

忙しい人ほどぜひ利用してみてほしい

宅配クリーニングのリネットとは、注文から宅配手配までネットやアプリで済ますことのできる、ネット完結型クリーニングサービスです。


預かり日&受取日を指定

洋服を箱につめる

でOK!


24時間・スマホからどこにいても申し込めるので、クリーニングしたい!と思ったときにすぐ利用することができます。


用意する物はダンボールか紙袋

洋服を入れるダンボールは、縦横高さ合わせて160cm以内であれば、どんなダンボールでもOK。

紙袋でも回収してもらえるので、手元にダンボールがなくても大丈夫です。


注意点としては、洋服が濡れてしまうとクリーニングの対象外になってしまうんですね。

ですので、濡れないようにビニール袋で覆ったり、袋口をしっかり閉じるなどの工夫をしましょう。


家にダンボールがなければ、洋服の回収時に一緒に持ってきてもらうこともできます。(3種類のサイズから選べて無料。ただし、プレミアム会員限定)

さらに、伝票は宅配業者が持ってきてくれるので、必要な物は本当に服をつめるための箱か袋だけです。


1点から送れるので気軽

リネットはシャツ1枚からでもクリーニングOK。

その秘密は料金形態にあります。


宅配のクリーニング料金には、大きく2種類あるんですね。

リネットのように洋服1点ずつに料金がかかるもの。

もう1つは、5点○○○円~のようなパック式料金です。


とにかく安く済ませるなら、パック式料金の方がお得な事が多いです。

ですが、必要な時に必要な分だけクリーニングしたいときにはちょっと不便なこともあるんですね。


Yシャツ5枚とダウンコート5枚が同じ料金、というのもなんか損した気分になりますよね。

通販で送料を無料にしたいがために、余計なものまで買う。みたいな、そういうわずらわしさもリネットにはないので、利用しやすいと思いますよ。


スポンサーリンク

実際にリネットに送ってみた洋服

今回、私が送ったのは計8つ。

  • ライダースジャケット
  • ダッフルコート
  • スキーウェア上下
  • マフラー×2、ストール×1
  • 帽子


ダッフルコートのファーは取り外しておきます。

もちろん、これもクリーニングできるのですが、別料金がかかってくるので今回は見送り。

マフラーは大きいものだとストール扱いになり、少しクリーニング代が高くなります。



▲ダンボールにつめるとこんな感じに。

雨に濡れるといけないので、紙袋で包んでみました。いらない紙袋の使い道が1つできた気がします(笑)


申し込みはリネットのホームページから

初めての人はまずは、リネットの公式サイトから申し込みます。(アプリからは2回目以降です。)

難しい項目はそんなにないと思いますが、参考までに私の注文内容をのせます↓

私の注文詳細
  • プレミアム会員月額プラン
  • 全品贅沢仕上げコース
  • 預け日はネットから申し込んだ翌日の夜
  • 受取り日は1週間後に指定



私は、年何回もクリーニングしないと思ったので、お試しとして「月額」のプレミアム会員に。

仕上がりのオプションですが、初回は「全品」しか選べません。

洋服1つひとつにオプションをつけるかつけないか選べるのは2回目以降なんですね。


それから基本的に、リネットでは服の種類や数を入力する必要がありません。

これだけでも、すごく楽です。


料金は2万円ほど

料金は服を預けてから、4日後にメールで届きました。

きちんと忘れ物としてレシートまで(笑)


贅沢仕上げコースのオプション分が6,400円。

たしかに、これは全品無理してつけなくてもよかったかな~という印象。


ちなみにリネットでは集荷後のキャンセルは受け付けていません。

つまり、料金確定=変更やクリーニングせずに送り返してもらうこともできないわけです。

そのため、この料金でよろしいでしょうか?のような確認メールも当然ないので、あとでトラブルにならないためにも料金表料金シュミレーターでおおよその料金を自分で計算しておくのが大事ですよ。


丁寧にたたまれて返ってきた!

クリーニングしたてのホヤホヤです。

特にマフラーに関しては、買ったときのような見栄えで驚き。


贅沢仕上げコースなので、全てのものに防虫剤がついてました。帽子にもマフラーにもです。

においはほぼ無臭、もしくがすこし防虫剤の香りがするかな、という程度。


出した服のなかで一番汚れが目立っていたのが、帽子なのですが、キレイにシミ抜きされていました。

これ以上シミ抜きできないというタグがついていましたが、無料でここまできれいになるなら私的には全然OKでした。(ちなみにリネットには有料のシミ抜きサービスはありません)


仕上がりに納得がいかない場合は、再仕上げを申請することも可能です。その際、着用してしまうと対象外になってしまうので、服を着る前に確認しましょうね。

リネット


2回目以降が本当の意味で便利になる

今回のクリーニングで、リネット専用バッグもプレゼントされました。

次回からこのバッグでもクリーニングを出すときに使うことができます。


ただのトートバッグだと思っていたら大間違いで、かなり大きめなサイズです(^^;

丈夫な生地で作られていたら、一泊旅行分の服ぐらいは入る大きさになります。


ダンボールも紙袋もなくても、このバッグがあればOKです。

リネットから戻ってくるときのダンボールもそれなりに大きいので、それをとっておいて再利用するのも手ですよ。


そして、プレミアム会員限定ですが、2回目の注文からコンビニ預けや宅配BOXからも利用できるようになります。

仕上がりオプションも1つ1つ洋服ごとに細かく設定できるように。

自由度がグッと広がります(^^


スポンサーリンク

リネットの通常会員とプレミアム会員について

リネットの会員プランは大きく分けて2つ。

月額・年額から選べるプレミアム会員と、年会費のかからない通常会員があります。

どちらがいいかというと、個人的な意見ではたとえ年1の利用だったとしても、プレミアム会員になってクリーニングしたほうが仕上がりも満足度も高いと思いますね。

送料

  • 1,900円以上で送料無料(プレミアム会員)
  • 10,000円以上で送料無料(通常会員)

お届け日数

  • 最短2日後(プレミアム会員、対象地域であれば翌日も可能)
  • 最短7日後(通常会員)

仕上がりサービス

  • シミ抜き、毛玉・毛取り、リファイン加工、抗菌防臭加工、やわらか加工(プレミアム会員)
  • シミ抜き(通常会員)

集配時間

  • 10~21時まで可能(対象地域なら朝6時~夜24時まで可能、プレミアム会員)
  • 10~21時まで可能(通常会員)

集荷方法

  • 宅配、コンビニ預け、宅配BOX預け(プレミアム会員)
  • 宅配(通常会員)


通常会員とプレミアム会員で、だいぶ差別化されています。

月額にするか、年額にするかは、年に6回以上使うかどうかです。


というのも、年額のプレミアム会員限定で、1回のクリーニングにつき440円オフになるクーポンが6枚ついてくるんですね。

これは、年会費の半額相当にあたるもので、これを使い切れる年6回利用が分かれ目になってきます。