太田母斑・3回目のレーザー終了。薄化粧で隠れる程度の薄さに

スポンサーリンク

teaです。

 

 

先日、太田母斑3回目のレーザー治療をしてきました。

前回の経過はこちら▼

 

感想としては、やっと、折り返し地点に来たって感じです(^^

薄いあざの人は、3回目でもだいぶ改善されるのではないでしょうか。

個人的にも、あざの変化がだいぶ目に見えてきており、きれいな肌色までもう少しですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

厚化粧でも隠れなかったあざが、薄化粧で隠れるように

さて、3回目のレーザー前に、あざの状態をチェック。

すると、明らかに青い色が薄くなり、薄化粧でも問題なく隠せる程度まで変化していました。

 

前回までのあざの変化

前回までのあざがこちら▼

↓↓↓

今回(3回目)のレーザー「直前」のあざがこちら▼

写真でも分かるとおり、だいぶ薄くなりました(^^

本当に厚化粧が必要なくなり、隠すための色の濃いコンシーラーも不要に。

 

私は、まぶたの上まであざがあるのですが、もう片方のまぶたとは、左右差がほとんどないほどです。

ただし、全体的なあざ自体は、判別できるほどの色が残っているため、すっぴんと同じになるにはもう少しレーザーを撃つ必要がある感じですね。

 

今回(3回目)のレーザー直後

はい、全体的に赤く腫れていますね・・・。

しかし、今回はあざの青い部分がほとんど目立っていません!

 

前回のレーザー直後は、もう少し青みがありました▼

着実に、青い色素が消えていっているのがわかりますよね(^^

ただし、今回は色素が相当深い場所にあるのか、かなり念入りにレーザーを撃たれました。

 

そのせいか、翌日はさらに腫れが増して、今まで以上の目の腫れっぷりに。

目の中に”ものもらい”があるかのような違和感で、半分ほどしか目を開けられず(笑)。

どうなるかと焦りましたが、2日目の終わり頃には完全に腫れが引いたので良かったです(^^

 

スポンサーリンク

やっぱりまぶた周辺のレーザーは麻酔”有り”でも痛む

目の周辺は皮膚がとても薄いので、レーザーの痛みは激痛です。

麻酔をすると確かに、痛みはだいぶ軽減されますが、それでも針で刺されるような痛みを感じます。

 

これが地味~に痛いんですが、目の周辺は範囲が狭いので痛い思いをするのもほんの一瞬です。

先生もそこはわかってくれているようなので、私もなんとか耐えられています(^^;

なんせ、目を刺す痛みよりも、麻酔の注射を刺すほうが痛いので(笑)

 

レーザーは本当に輪ゴムで弾くような痛み?

太田母斑の治療では、よく「輪ゴムで弾いたような痛み」と聞きますよね。

これ、家にある細いゴムを想像していませんか?

 

実際に治療している私が思うには、これです↓

ゴムバンド

このような太めのゴムで、弾かれるような感じが近いかと思います。

しかも、パチン!としたあとジ~ンと痛むんですよ…。

 

このような痛みを、アザの範囲が広い人では、200発以上も撃ち込まれますから、麻酔の注射は本当に必須だと思います。

レーザー治療は、時間にして10分~15分ぐらいですが、麻酔なしだとおそらく地獄ですね。

私も正直、耐えられる気がしません(^^;

 

スポンサーリンク

ビタミンCとビタミンAを取り入れてみよう

実は、十分なビタミンCとビタミンAが肌の中にたっぷりあると、レーザー治療後の肌回復を高めてくれます。

保湿も大切なんですが、皮膚の再生能力を高めるには、この2つビタミンがかなり重要になってくるんですね。

 

この2つのビタミンは、内(食べる)や外(スキンケア)の両方から取り入れることができます。

私は、今回の3回目から、太田母斑のレーザー治療前に、積極的に取り入れてみました。

 

心なしか、かさぶたになる日数が短縮したかも

いつもはかさぶたになるまでに、だいたい3~4日はかかるのですが、今回は2日目の夜にはかさぶたになりかけていました。

まぁ、このぐらいなら、気持ち程度の変化かもしれません。

 

しかし、人によってはレーザーのダメージで、いつまでも化膿し続けてしまう人もいます。

治りのはやさだけでなく、その後の皮膚がしっかり安定するかどうかも大切です。

 

とはいえ、治療部位は誰が見ても痛々しいので、早く治るに越したことはありません。

上記のビタミンを上手に取り入れつつ、しっかり睡眠を取りましょう(^^

 

実際に使ったスキンケア商品

  • ビタミンA

 

  • ビタミンC

 

オバジが値段的にちょっと手が出しにくいという場合は、メラノCCシリーズで代用してもいいかもしれませんね。

また、ビタミンAは非常に光や酸素に弱く、商品選びを間違えると、使っているうちにただのクリームになってた!ということにもなりかねないので、要注意です。

 

 

太田母斑の治療も、いよいよ後半戦になりました。

完治するまでの経過報告は、これからもこのブログで続けていきたいと思います(^^

医学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\Let’s SHARE!/

***この記事を書いた人***

tea化粧品検定1級、美肌エキスパート。美容とショッピングをこよなく愛する20代女子。会社員&ブロガーです。≫詳しいプロフィール 

おとめモ