旅行

シンガポール旅行ではサンダルも夏の服装も注意!?あのグルメまで・・・

スポンサーリンク
****この記事を書いてる人****
【tea】美容課金100万オーバー。化粧品検定1級、美肌エキスパートの資格をもつ美容好き女子。月1の肌メンテが日課。≫詳しいプロフィール 

teaです。

 

 

シンガポールといえば、夏のような気温。

現地で欠かせないのが、サンダルと夏の服装ですよね。

街中を見ても、サンダルで歩いている人はたくさん見かけます。

 

しかし!!

そのサンダルによって、私と旅行に行った友達はケガをしました。

 

身体にアザができたり、筋肉痛に見まわれたりと、散々な目に遭ったんです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サンダル以外にも必ずスニーカーを用意する!

サンダルのせいでケガをするなんて、どういうこと?って思っているかもしれませんね。

でも、実際に起きたんですよ。

 

私は、1月に行ったので、シンガポールは雨期に入っており、滞在中はずっと雨でした。

雨によって、路面が濡れます。

 

すると、どうなりますか?

ツルツルですごい滑りやすくなりますよね。

 

街の至る所で、注意書きの看板が立っていました。それぐらい危険だってことです。

特に階段はヤバいですね。

 

私の友達は、同じ階段で2回も転んだんです。

2回ですよ。

 

おかげで、身体にアザはできるわ、滑らないようにと変に力を入れて筋肉痛になるなど、とんでもない日になってしまいました。

そのあとも、街中で滑りかけたり、雨で濡れてない場所を選んで通らなければならなかったりで、隣にいる私もヒヤヒヤする始末。

 

結局、ホテルに帰るまでスニーカーに履き替えることができませんでした。

旅行を楽しむどころではありません。

シンガポールに旅行するなら、必ずスニーカーも持っていきましょう!

 

サンダルしか持っていかないのは、非常に危険です。

旅行前に、事前に天気予報を確認して、雨模様であれば極力スニーカーでいったほうが安全です。

本当に、ケガをします。

 

スポンサーリンク

上着も必ず持っていく

シンガポールの気温は、はっきり言って日本の夏です。

そして、蒸し暑い。

湿気がすごいですよ。

 

当然、夏の服装でいくわけですが、半袖しか持っていないと、向こうの冷房で風邪をひくかもしれません。

特に女性は気を付けたほうがいいですね。

雨が降っていても25℃前後はありますが、鳥肌が立つこともありました。

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの写真です。

この中、めちゃめちゃ冷房効いてます(笑)

 

夜景がきれいなことでも有名なガーデンズ・バイ・ザ・ベイですが、寒がりの人は必ず上着1枚羽織っていきましょう。

 

スポンサーリンク

チャイナタウンのチキンライスは本場過ぎた・・・

シンガポールでぜひ食べたいグルメと言えば、必ずと言っていいほど「チキンライス」の名前が出てきます。

日本とは違う種類の細長いお米に、蒸し鶏が乗っかっている料理です。

 

ツアーの中でチャイナタウンが含まれている場合も多く、そこでお昼を食べることもあるはずです。

私もチャイナタウンでお昼にチキンライスを食べたんですが・・・。

 

本場の味すぎる・・・っ!!

なんというんでしょう。野生の鶏のニオイがするんですよね(^^;

実際に食べた、チキンライス。

なんというか、最初見たときはビックリ。

 

スープなんて、日本で飲むチキンスープとは全然違います。

鶏をそのまんま煮出したような味。すっごいクセが強いんですよ(笑)

お肉なんて、コリコリした軟骨がそのまんまですからね(^^;

下手したら、のどに刺さります。

 

お店にもよるとは思うんですが、本場ものを食べたいのであれば、チャイナタウンはおすすめです。

私の場合は、あまり好みではなかったので、ショッピングモールのフードコートでリベンジしました。フードコートのチキンライスは、骨もなく柔らかいお肉でGoodでしたよ(^^

 

日本のおもてなしは神レベル!現地の接客に(泣)

やっぱり、日本を出ると日本の良さがわかるとはこのこと。

日本のおもてなしは、世界最高ですね。

 

現地のセブンイレブンに行ったときにすごく実感しました。

意外とシンガポールって、そこらじゅうにセブンイレブンがあるんですよ(笑)

 

現地の対応は、かなり塩対応です。

いらっしゃいませも、ありがとうございました、もありません。

袋の入れ方も適当で、お箸やスプーンは入れますか?なんて聞いてきませんよ。

自分で取ってくる「セルフ」ですから(笑)

 

いちいち箸いるかどうか、聞いてくるなよ!なんていう人も、海外行けば日本の気遣いの良さを実感できます。

もう、これだけで日本のセブンに帰りたいと思いましたもん(^^;

日本人に生まれたことを、大事に思わなきゃダメです。

 

まとめ

サンダル以外に、スニーカーも持っていく。上着は1枚あった方が、風邪を引かずに観光を楽しめます。

チキンライスは、フードコートで食べると日本人好みの味かな。

 

最後に、日本のおもてなしに感謝しよう(笑)

以上、シンガポール旅行の注意点についてまとめましたが、どれも私が旅行中に思ったことです。

 

治安について不安な人も多いですが、特に問題はなかったですよ!

ただ、スリには気を付けたほうがいいですね。

華美な財布やバッグを持ち歩かず、セキュリティーポーチにお金やパスポートを入れましょう。

 

海外では、命の次にパスポートが大事なんですから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\Let’s SHARE!/

***この記事を書いた人***

tea化粧品検定1級、美肌エキスパートの資格を持つ美容好きな会社員。自身の経験を活かし肌力を高める実践的な方法を発信中。≫noteも更新しています 

おとめモ