もう失敗しない!ゴッソリむける足裏角質パックの使い方

スポンサーリンク

teaです。

 

 

あなたは足裏角質パックを使っていて、このような経験をしたことがありませんか?

  • 部分的に皮がむけないところがある
  • 1番むけてほしい「かかと」がむけない
  • どうしたらキレイにむけるかわからない

 

このような悩みを抱えている人は、本当に多いです。

かくいう私も、角質パックを使うたびに「なんか、失敗したかな…」と思うことが何度もあり、全然ツルツルにならなかったこともあります。

 

きちんと時間通りにやったのに、うまくいかず、せっかく買ったものを全部ゴミ箱に捨てようとさえ思いました。

30分~1時間も足を浸けてるのに、全然むけないんですから使いたくなくなりますよね。

 

でも、実はただ足を浸けているだけでは、ダメなんです。

角質パックよりも、地道にやすりやスクラブでケアしていくしかないのかな…

 

なんて諦めないでください。

 

スクラブなどは部分的にしか角質をケアすることができません。

足裏角質パックを使えば、足の裏全体、細かい指の間まで角質をケアすることができます。

しかも1回足をつければいいだけなので手軽です。

 

大切なのは、いかに成分を浸透させるか

なんです。

 

私は今までたくさんの商品を使い、つける時間を工夫したりするなどの試行錯誤をしてきました。

結果的にはどのメーカーであろうと、きちんと浸透していた時には、きれいに皮がむけたんです。

 

そこで、この記事ではどうしたら浸透を良くできるのか、足裏角質パックで失敗しないための方法を紹介したいと思います。

誰でもできる、簡単な方法なので、ぜひ試してみてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

長く足をつけた方がむけるだろう、という考えがそもそも間違い

角質パックできれいにむけるかどうかは、時間の長さではありません。

有効成分が作用する角質層に、きちんと成分が届いていなければ、効果は出ないのです。

 

逆に、商品に書かれている規定時間を超えて使っていると、痛みが出たり炎症を起こす可能性があるので危険です。

 

なぜ、かかとだけがむけにくいのかというと、他の部分より角質が分厚いからです。

顔の角質は10層前後ですが、かかとはその5倍~10倍。

およそ50層~100層もあるのです。

 

乾燥していたりすると、さらに分厚くなるといわれています。

どれだけ浸透しにくいのか、よくわかりますね。

 

足の指や土踏まずはよくむけるのに、かかとだけむけにくいのは、これが理由です。

むけなかったということは、きちんと浸透させることができなかった証拠でもあります。

 

逆にいえば、かかとがツルンとむけるのであれば、他の部分もキレイにむけるんですよ(^^

浸透させるコツを掴んでしまえば、足のむけ方が驚くほど変わるんです。

 

スポンサーリンク

一番効果的なのは、足裏をふやかすこと!

浸透させる方法はたくさんありますが、その中でも特に重要なのが

角質パック使用”前”に、足裏をふやかすこと

です。

 

ふやかすことで角層が柔らかくなり、角質パックの成分が、足全体にグングン浸透するようになります。

成功する人と失敗する人の差は、このひと手間をするか・しないかが大きいですね(^^

 

どのくらいかといえば、足がシワシワになるまでふやかしましょう。

かかとまで柔らかくなる1時間ほどが目安です。

ちょっと大変ですが、使う前の1回だけふやかせばいいだけなので、ぜひやってみてください。

 

スポンサーリンク

靴下をはいて、浸透効果を倍増させる

足をふやかすことにプラスして、使って欲しいアイテムが靴下です。

角質パックの上から、さらに靴下をはきます。

 

これにより、パックと足の裏の「密着性」が増すので、足全体にまんべんなく成分を浸透させることができるんですね。

 

実は、キレイに足の皮をむくためにも、密着性というのはかなり重要です。

きちんと密着していないと、液の浸透にムラができてしまい、むける所とむけない所が出てきてしまいます。

 

特に、角質パックの使用中は座って過ごす、という人は要注意。

どうしても足が床から浮いてしまいがちになるので、角質パックと足の密着が自然と少なくなってしまうんですね。

 

私も座って過ごすタイプなので、床から足が離れないように意識しています。

足を押しつけるように、ですかね。

 

かなりツラいんですが、かかとまでキレイにむくための辛抱です(^^;

密着力を維持するためにも、座ることが多い人は、なるべく靴下を履き、角質パックのテープもしっかりとキツめに固定するようにしましょう。

 

靴下はモコモコなものを選ぶこと

靴下は薄手のものではなく、冬物の分厚い靴下がおすすめです。

なぜなら、保温性に優れているからですね。

 

足が冷えてしまうと、皮膚が硬くなってしまい、成分が浸透しにくくなってしまうんです。

角質パックの中に入っている液体も冷たいので、特に冷え症の人だと、なかなか効果を実感することが難しくなってしまいます。

 

足が冷えた状態で30分~1時間も過ごすのはとてもツラいですから、きちんと温かくすることが大切です。

 

でも、夏にモコモコ靴下はちょっと…

なんて、思うかもしれませんが保温性と密着性の2重効果があるのは、この分厚いモコモコ靴下だけです。

 

角質パックの上から履くので、大きめのサイズで伸びが良いものを選びましょう。

 

足を揉んで、有効成分を角質層へ届ける!

さらにズルむけするために、実践したいのが角質パックの上(靴下の上)から足を揉むこと。

揉み込むことで、成分を奥へ奥へと浸透させることができます。

 

力は軽めでOKです。

足全体にまんべんなくパックの成分が行きわたるよう、揉んでいきます。

 

特にかかとは、念入りに。

角質パックのビニールから揉むよりも、モコモコ靴下をはいた上からの方がやりやすいですよ。

 

あまり強く力を入れすぎると、袋が破れたり、パックの液がこぼれるので注意してくださいね。

角質パックの液は全体的に少なめなので、ムラが出ないよう、揉み込んでいきましょう。

 

角質パック使用後も、長風呂で皮むけを促進する

足裏角質パック使用後は、日常生活の摩擦で自然とむけていきます。

ですが、足の皮が完全にむけきるまでは、毎日のお風呂を長く入るようにすると効果的です。

 

角層が柔らかくなるので、少しの摩擦でもはがれるようになるんですよ。

この時は、足がふけるまで長風呂をしなくても大丈夫です。

 

ただし、やっかいなのが、湯船に足の皮が浮いてきてしまうんですよね。

まぁ…気持ち悪いので、他の家族にも迷惑がかからないよう、使い捨てソックスをはいて入浴すると安心ですよ。

 

ベビーフットから出ている「カバーソックス」は入浴時に使えるのはもちろん、靴下の中が足の皮だらけになって嫌だという人にも、ピッタリな使い捨てソックスです。

 

いちいち靴下を裏返して、くっついた皮を取りながら洗濯するのは大変ですからね。

捨てるだけで処理できるほうが、簡単ですよ。

 

「個人的」角質パックランキングベスト3

私の、使用してみて個人的によかった角質パックを紹介します。

1時間タイプです。肌にやさしく、香りの種類も豊富。

 

Amazonで常に上位にランクインしている人気商品。角質パックブームの火付け役。

 

私が買った中で最安値399円で購入(楽天のセール時)。コスパと時間を考えるならこれ!

 

定期的なケアで、ツルツル足を維持しよう

足裏角質パックは、ちょっとした工夫で成功しやすくなります。

使用後は、保湿クリームできちんとアフターケアもすると、ツルツル足を長持ちできますよ。

 

季節の変わり目ごと(2~3ヶ月)を目安に使用すると、1年中キレイな足元で過ごせます(^^

最近は、私も保湿をだいぶ頑張っているので、年に1回~2回程度でも十分になってきました。

ぜひ、赤ちゃんのようなプニプニ足を手に入れてください!

 

角質パックで失敗しないためのまとめ
  1. 角質パック使用前に足をふやかそう
  2. モコモコ靴下もはこう
  3. 足を揉んでより浸透させよう
  4. 使用後も長風呂をして、皮むけを促進
美容
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\Let’s SHARE!/

***この記事を書いた人***

tea化粧品検定1級、美肌エキスパート。美容とショッピングをこよなく愛する20代女子。会社員&ブロガーです。≫詳しいプロフィール 

おとめモ